急性副鼻腔炎の薬 市販 セフェム系やニューキノロン系の抗生物質

急性副鼻腔炎の症状は、風邪に引き続いて起こり

発熱や頭痛、倦怠感、鼻づまり、黄色い鼻汁が多量に出るなど多彩です。

細菌感染が主体の急性副鼻腔炎の治療薬としては

まず、殺菌力の強い抗生物質を使うことが重要となります。

種類としてはセフェム系抗生物質のセフィキシムや

ニューキノロン系抗生物質のクラビットなどを使用します。

セフェム系抗生物質セフィキシム

ニューキノロン系抗生物質クラビット

急性副鼻腔炎による痛みが強い時には

解熱鎮痛剤の飲み薬、ロキソニンを使用します。

解熱鎮痛剤ロキソニン錠

急性鼻炎・副鼻腔炎によるつらい鼻づまりに効く

即効性と持続性の高い点鼻薬、アフリン鼻炎スプレーは

日本で販売されているナシビンMスプレー(佐藤製薬)と同成分の点鼻薬です。

持続性血管収縮成分のオキシメタゾリン塩酸塩が

炎症やアレルギーなどで腫れた鼻粘膜の血管を収縮して

腫れや炎症を抑え、鼻づまりの症状を改善します。

アフリン鼻炎スプレー