ペニシリン系抗生物質の種類と効果

ペニシリン系抗生物質とは

ペニシリン系抗生物質は1928年に世界で初めて発見された抗生物質で

ブドウ球菌に対して非常に優れた抗菌力を発揮します。

ペニシリン系抗生物質は梅毒の特効薬として用いられます。

副作用として、吐き気、嘔吐、下痢などがあります。

⇒抗生物質・種類と名前の一覧表@薬局

ペニシリン系抗生物質の効果・適応症

主に、尿路感染症、感染肺炎、中耳炎、サルモネラ

リステリア髄膜炎などの治療に効果を示します。

また、ピロリ菌除菌にも用いられています。

様々な細菌に有効なため、耳鼻科、呼吸器科と

幅広い領域科目で使われている抗生物質です。

ペニシリン系抗生物質の主な製品名一覧

Unasyn(ユナシン)
主成分:Sultamicillin(スルタミシリン)

Sultamat(ユナシンジェネリック)
主成分:Sultamicillin(スルタミシリン)

Amoxicillin(アモキシシリン)
主成分:Amoxycillin(アモキシシリン)

Novamox(ノバモックス)
主成分:Amoxycillin(アモキシシリン)

Augmentin(オーグメンチン)
主成分:Amoxycillin(アモキシシリン)と
Clavulanic Acidの複合抗生物質

Campilox(チャンピロックス)
主成分:Amoxycillin(アモキシシリン)と
Dicloxacillin(ジクロキサシリン)の複合抗生物質

MEGACLOX-DT/MEGACLOX(ジェネリックメガペン)
主成分:Amoxycillin(アモキシシリン)と
Dicloxacillin(ジクロキサシリン)の複合抗生物質

Ampisina(アンピシリン)
主成分:Ampicillin(アンピシン)

Ampicillin(アンピシン)
主成分:Ampicillin(アンピシン)

Curam(クラム)
主成分:Clavulanic Acid(クラブラン酸カリウム)と
Amoxycillin(アモキシシリン)