尿道炎・膀胱炎に処方される抗生物質 市販薬ランキング

尿道炎・膀胱炎に処方される抗生物質 市販薬ランキング

第1位:抗生物質 アジスロマイシン1000mg アジー

尿道炎の2大原因といわれるのが淋菌とクラミジアですが

淋菌性尿道炎とクラミジア性尿道炎の両方に、

あるいは重複感染の尿道炎にも効果がある

マクロライド系抗生物質ジスロマックのジェネリックです。

10錠の価格:3761円

アジスロマイシン1000mgの詳細

第2位:抗生物質 クラビットジェネリック500mg

尿道炎・膀胱炎の他にもクラミジアや淋病などの性病

咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、副鼻腔炎、歯周病にも使われる

レボフロキサシンが成分のニューキノロン系抗生物質です。

7錠の価格:1853円

クラビットジェネリック500mgの詳細

第3位:抗生物質 フロモックス錠100mg

セフカペンピボキシル塩酸塩が成分のセフェム系抗生物質。

尿道炎・膀胱炎の他に、咽頭炎・喉頭炎、扁桃炎など

広い範囲の感染症の治療に使用される抗生物質です。

雑菌性尿道炎のみで、クラミジア性尿道炎には効果がありません。

20錠の価格:4290円

フロモックス錠100mgの詳細

fromox

※関連記事

尿道炎に効く市販薬の一覧

膀胱炎に効く市販薬の一覧